フィリピン屈指のリゾート「ボラカイ島」/おすすめホテルをご紹介!

2020/11/04

フィリピン国内屈指のリゾート「ボラカイ島」。かつて、海外メディアより「アジアNO.1のビーチ」と高評価され、透明度の高い紺碧の蒼い海、全長4キロメートルにわたる白砂の「ホワイトビーチ」など、各国から多くの観光客が訪れる人気のビーチリゾートでした。ただ、2018年4月下旬より、現フィリピン大統領「ドゥテルテ氏」の政権より、島内の環境汚染が深刻化していることを理由に、約半年間(~10月下旬)の期間、環境保全(※インフラ整備の改良化含む)のため、島全体を閉鎖しました。ボラカイ島への入島が再開(2018年10月下旬)されて以降は、以前にも増して綺麗なビーチとなり、改めて多くの観光客に大きな期待を与えましたが、2020年3月の「新型コロナウイルス感染拡大」に伴い、フィリピン全土が厳しいロックダウン規制となり、ボラカイ島の閉鎖どころか、他国からの受け入れ自体を制限してしまいました。現在は、新型コロナウイルス感染拡大から半年余りが経過し、フィリピン国内間の移動に関しては、徐々に観光事業も再開され、以前のような賑わいを取り戻しつつありますが、海外からの観光客の受け入れを現在(2020年11月時点)も制限しているため、澄み切った海を見るまでにはまだ時間がかかる模様です。本日は、ボラカイ島をよく知っている方、これから旅行計画を立ててみようとする方へ、おすすめのリゾートホテルを簡潔にご紹介致します。

シャングリラ・ボラカイ・リゾート&スパ

※リゾート全景/イメージ

ボラカイ島で一番の大型リゾートホテル「【5つ星クラス】シャングリラ・ボラカイ・リゾート&スパ」。緑豊かな丘の上にロケーションを構え、目の前には紺碧のプライベートビーチが広がります。お部屋からの景色も「シービュー(海が見える)」のお部屋がたくさんあり、ハネムーン、ファミリーにも非常に人気のあるリゾートホテルです。よりプライベートな空間をご希望の方は「ヴィラ(※下部イメージ参照)」のお部屋がオススメです。1泊あたりの金額はかなり高額となっていますが、プライベートプール完備、プールデッキから海を見渡すことができるヴィラタイプ(例:ロフトヴィラ)など一生の思い出作りにはオススメです。

※1ベッドルーム・プールヴィラ(屋外プール)/イメージ

■ホテルデータ
正式名称:Shangri-La’s Boracay Resort and Spa
所在地:Barangay Yapak, Boracay Island, Malay, Aklan 5608 Philippines
TEL:+63-36-288-4988
公式ページ:https://www.shangri-la.com/jp/boracay/boracayresort/
→「シャングリラ・ボラカイ・リゾート&スパ」に泊まるツアーはこちら!

クリムゾン・リゾート&スパ・ボラカイ

※リゾート全景/イメージ

前述の「シャングリラ・ボラカイ・リゾート&スパ」の近くにロケーションを構える「クリムゾン・リゾート&スパ・ボラカイ」は、2018年にオープン(ボラカイ島再開後の10月にソフトオープン)した、比較的ボラカイ島の中では新しいリゾートホテルです。リゾート前にはプライベートビーチが広がるほか、ここのリゾートのアピールポイントとしては、「インフィニティプール(※下部イメージ参照)」です。プールの水面と目の前に広がる海の高さがちょうどいい具合に重なるあたりが魅力的です。セブ・マクタン島にもある「クリムゾン・リゾート&スパ・マクタン」と同系列ブランドのホテルですが、カジュアルなお部屋タイプから豪華ヴィラのお部屋まで完備する「5つ星」のデラックスホテルです。

※インフィニティプール/イメージ

■ホテルデータ
正式名称:Crimson Resort & Spa Boracay
所在地:Barangay Yapak, Boracay Island, Malay, Aklan
TEL:+63-36-669-5888
公式ページ:https://crimsonhotel.com/boracay
→「クリムゾン・リゾート&スパ・ボラカイ」に泊まるツアーはこちら!

ディスカバリー・ショアーズ

※リゾート外観(夕暮れ時)/イメージ

ステーション1にロケーションを構える「ディスカバリー・ショアーズ」を白色を基調としたスタイリッシュな5つ星のデラックスホテルです。また、全室スイートのお部屋完備ということもあり、1ベッドルームの他に、ファミリー向けにもオススメの2ベッドルーム(※下部イメージ参照)のお部屋もございます。リゾート内には多種多様なレストランがあり、メインレストラン「サンズ・レストラン(インターナショナル料理)」、「インディゴレストラン(シーフード料理)」、「プラティート(地中海料理等)」に加え、バーエリアも複数ございます。

※客室:2ベッドルーム・スイート/イメージ

■ホテルデータ
正式名称:Discovery Shores Boracay
所在地:Station 1, Barangay Balabag, Boracay Island, Malay, Aklan, 5608
TEL:+63-2-7720-8888 | +63-2-7739-0099
公式ページ:https://www.discoveryshoresboracay.com/ja/
→「バーチャルツアー(ホテル公式ページより)」はこちら!
→「ディスカバリー・ショアーズ」に泊まるツアーはこちら!

いかがでしたでしょうか。今回は人気の3選を簡潔にご紹介しましたが、フィリピン国内にはセブ島以外にも綺麗なビーチが広がる島がたくさんあります。環境保全のため、一時的に閉鎖し、再開されてからもうまもなく2年が経とうとしているところですが、追い打ちをかけるように「新型コロナウイルス感染拡大」の影響もあり、海外からの観光客が途絶えてしまった現在、ボラカイ島は更に綺麗になっていることだと期待します。海外旅行への希望は絶やさず、いつかは絶対に行けると前向きに進んでいきましょう。

●現在のフィリピンの入国規制について

最新情報は下記よりご確認下さいませ。

■フィリピン航空より(フィリピン政府による入国制限について、英語サイト)
https://www.philippineairlines.com/en/ph/home/covid-19/arrivingintheph
現在(11/4付)、ビザ(査証)無しでの渡航(無査証短期滞在)は認めておらず、有効なビザを事前に取得頂く必要がございます。詳細はフィリピン共和国大使館のウェブサイトなどでご確認ください。

 

■フィリピン入国時医療申告用紙の電子フォーム(英語ページ)
フィリピン政府よりフィリピンに到着するすべての方に新型コロナウイルスのPCR検査実施、ならびに検査結果が出るまで政府指定の施設で待機いただくことが求められております。フィリピン入国時医療申告用紙の電子フォームによる登録が義務化されております。各種、出発前に申請が可能です。入国時医療申告用紙電子フォームページより事前登録をお願いいたします。

※マニラ空港、セブ空港と対応方法が異なります。必ず各空港到着前までに手続きをお済ませください。
※2020年10月15日現在の情報となります。渡航規制の最新情報は、必ず各関係機関にてご確認ください。

●マニラへ入国のお客様(フィリピン航空をご利用時)

・海外で勤務するフィリピン国籍の方
【チェックイン前の対応】
①OASISへの登録 ※渡航5日前までにお済ませください)
→ご一緒する家族は全て上記の手続きが必要となります
http://oasis.owwa.gov.ph/

②Red-CrossのPCR検査申請(e-CIF)※渡航3日前からチェックイン前まで
https://e-cif.redcross.org.ph/

【チェックイン後の対応】
③E-Health Locator Form / Arrival Card
https://bit.ly/MNLArrivalCard

【マニラ到着後の対応】
④降機後に体温チェック

⑤PCR検査実施【無料】(②で取得したQRコードを提示)

⑥入国手続き(③で取得したQRコードを提示)

⑦検疫ホテルの割当

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

・外国籍の方
【チェックイン前の対応】
①PAL-eCIFのPCR検査申請 ※渡航3日前からチェックイン前まで
https://bit.ly/MNLPALeCIF

②到着後に滞在する検疫ホテルの予約
検疫ホテルリスト(外部リンク/PDF形式)

【チェックイン後の対応】
③E-Health Locator Form / Arrival Card

https://bit.ly/MNLArrivalCard

【マニラ到着後の対応】
④降機後に体温チェック

⑤PCR検査実施/検査費用別途要【php4,500/人】(①で取得したQRコードを提示)※現金(現地通貨、又はアメリカドル)、GCash、PayPal、WeChat Payでの支払いが可能

⑥入国手続き(③で取得したQRコードを提示)

⑦検疫ホテル確認デスクへ

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

●セブへ入国のお客様(フィリピン航空をご利用時)
・海外で勤務するフィリピン国籍の方
【チェックイン前の対応】
①OASISへの登録 ※渡航5日前までにお済ませください)
→ご一緒する家族は全て上記の手続きが必要となります
http://oasis.owwa.gov.ph/

②MICA Passenger Arrival Registration Form ※渡航5日前からチェックイン前まで
https://mactancebuairport.com/covid-19-registration

【チェックイン後の対応】
③機内配布の入国カード(Arrival Card)の記入

【セブ到着後の対応】
④Validation Counter(②で取得したQRコードを提示)

⑤体温チェック

⑥PCR検査実施【無料】/検疫ホテルの割当

⑦入国手続き(③で記入した入国カードを提示)

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

・外国籍の方
【チェックイン前の対応】
MICA Passenger Arrival Registration Form ※渡航5日前からチェックイン前まで
https://mactancebuairport.com/covid-19-registration

②到着後に滞在する検疫ホテルの予約
検疫ホテルリスト(外部リンク/PDF形式)

【チェックイン後の対応】
③機内配布の入国カード(Arrival Card)の記入

【セブ到着後の対応】
④Validation Counter(①で取得したQRコードを提示)

⑤体温チェック

⑥PCR検査実施/検査費用別途要【php4,900/人】※現金(現地通貨)、又はVisaカードでの支払いが可能

⑦入国手続き(③で記入した入国カードを提示)

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

 

■フェイスシールド着用の義務付けについて
フィリピン政府は新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、フィリピン国内全土で8月15日以降、電車やバス、航空機などの公共交通機関を利用する際、従来のマスク着用に加えてフェイスシールドの装着を義務付けました。
フェイスシールドはお客さまご自身でご準備していただく必要がありますので、8月15日以降にご搭乗予定のお客さまは事前にご準備のうえご持参いただきますようお願いいたします。

 

■フィリピン共和国大使館より
https://tokyo.philembassy.net/ja/01announcements/advisory-visa-requirements-for-foreign-nationals-allowed-to-enter-the-philippines-while-under-community-quarantine/#nav-cat

 

■在フィリピン日本国大使館より
https://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

■在ダバオ日本国大使館より
https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

■外海外安全ホームページ務省
https://www.anzen.mofa.go.jp/

 

◆フィリピンのことをもっと知ろう!
>>フィリピン旅行・ツアー特集はこちら
>>ボラカイ島旅行・ツアー特集はこちら
>>フィリピンの基本情報はこちら

>>フィリピンへの交通手段はこちら
>>フィリピン旅行の心得はこちら

フィリピン・セブ・マニラへの
旅行・ツアーは
フィリピンツアーにお任せください!

フィリピン現地にもスタッフが駐在!
あなたの希望に合わせた旅をアレンジします。