フィリピン旅行は何泊がおすすめ?日数別フィリピン旅行の楽しみ方

2018/11/01

海外旅行には、国内旅行とはまた違った楽しみがあるもの。特にせっかくの休暇を日常から離れてリフレッシュしたいと思うのであれば、やはり海外に旅したいと思う方も多いですよね。
フィリピンであれば、2泊3日のショートトリップから1週間前後の比較的長めの旅行まで、それぞれ日数に合わせて違った楽しみ方があります。

ここでは知っておきたい旅行日数別、フィリピン旅行の楽しみ方についてご紹介します。
 

フィリピンが短い休暇でも楽しめるのはなぜ?

飛行機から見た外の景色

まとまった休暇がとれるのであれば、いくら遠い国でも、移動時間を要したとしても問題ありませんよね。でも、短い休暇となると話は別。現地でできるだけ充実した時間を過ごすために、少しでも移動時間を短縮したいと思うかと多いでしょう。

その点フィリピンであれば、日本から直行便を利用してフライト時間は4~5時間ほど。直行便は東京、大阪、名古屋、福岡などの主要都市から運行しているのも利用しやすいポイントです。格安航空会社を利用すると航空券代は安くなるものの、乗り換えやその前後の待ち時間を考慮すると時間を無駄にすることにもなってしまいます。限られた時間の旅行であれば、直行便の利用がおすすめです。

また、航空券代は安くても、夜中に到着する飛行機では大幅に旅行時間が短くなるのは当然のこと。現地での時間をできるだけ設けるためにも、出発時間や到着時間についても考慮しましょう。

さらに、フィリピンは日本との時差が1時間というのも人気の理由。時差があまりないことで、現地はもちろん帰国後も体に負担を感じることもありません。
 

2泊3日でのフィリピンの楽しみ方

マニラの夕日

フィリピンは7,000以上もの島が存在する、まさにリゾートアイランドです。しかし、いろいろな場所に足を延ばそうとすると、どうしても移動時間を要することに…。2泊3日と休みが限られていることを考慮すると、旅先は日本から直行便が運行している首都マニラかセブ島に絞ることをおすすめします。

マニラとセブ島、それぞれの2泊3日での過ごし方の例をご紹介します。
 

2泊3日 マニラのモデルプラン

●1日目:
マニラ隋一の観光名所、イントラムロス巡り
夜はマニラ湾の夕日を見た後にカジノへ

●2日目:
バクラランで地元のローカルな生活に触れた後、スパでのんびり

●3日目:
「モールオブアジア」でショッピング&お土産購入
 

2泊3日 セブ島のモデルプラン

●1日目:
ホテルのプライベートビーチやプールでリゾート気分を味わう

●2日目:
オプショナルツアーへの参加(ダイビングやアイランドホッピングなど)

●3日目:
セブシティのショッピングモールでショッピング&お土産購入

セブ島の場合は限られた時間で思い切りビーチリゾート気分を満喫するために、プライベートビーチやプール、スパなど施設が充実しているマクタン島のリゾートホテルに宿泊するのがおすすめ。セブ・マクタン国際空港からも近いエリアなので、便利です。
 
 

◆直行便でセブ島&マニラへ行こう♪
>>セブ島へのツアーを探す
>>マニラへのツアーを探す

3泊4日でのフィリピンの楽しみ方

エルニドの海

2泊3日でも満喫できるフィリピンですが、3泊4日だとゆとりがあり、より満足度の高い旅になるでしょう。一都市だけでなく、日帰りで行ける範囲へ少し足を伸ばすことができます

マニラ滞在する方におすすめなのが、「タガイタイ」への日帰り旅行。標高700メートルにある街で、フィリピンの避暑地と言われています。タガイタイでは世界最小級の火山であるタール火山を観たり、乗馬をしたりと大自然を満喫することができます。また、おしゃれなカフェやレストランも多いので、ゆったりとした時間を過ごすのもおすすめです。

セブに滞在する方におすすめのが、「ボホール島」。セブ島からは、フェリーで2時間ほどで行くことができます。自然が豊かな場所で、高さ30メートルほどの小山が連なるチョコレートヒルズや、世界最小のメガネザル・ターシャなどが有名です。フィリピンと言えば海という方は、「アロナビーチ」まで足を伸ばしましょう。シュノーケリングやドルフィンウォッチングなども楽しめますよ。

3泊4日あれば、国内線への乗り換えが必要なエルニドなどの離島にも足を運ぶことも可能。比較的余裕があるので、目的に合わせた楽しみ方ができますね。
 
 

◆オプショナルツアーで足を伸ばそう♪
>>セブ島のオプショナルツアーを探す
>>マニラのオプショナルツアーを探す

4泊5日~でのフィリピンの楽しみ方

透明度の高い海に浮かぶ人

4泊5日以上の旅行日数があるのであれば、余裕をもって過ごすことができます。
マニラあるいはセブ島で数日宿泊した後、国内線やフェリーで離島まで足を運ぶことも可能です! 2か所以上のエリアを楽しむことができるので、エリアごとに違った体験をすることができるのもフィリピンの魅力。

世界で一番美しい島に選ばれたパラワン島やフィリピン最後の楽園と評されるコロン島、1島1リゾートの高級リゾート地・パマリカン島、ホワイトビーチが美しボラカイ島などにも足を延ばし、現地で数泊してみるのも良いですね。
エリアや島ごとに全く異なる魅力が満載なので、せっかくなので1か所にとどまらず、2つ以上のエリアに足を運ぶことをおすすめします。
 
 

◆人気の離島で贅沢な時間を♪
>>パラワン諸島へのツアーを探す

まとめ

旅行日数が限られていると、海外旅行は無理かも…と諦めてしまいがちです。しかしフィリピンであれば、2日3日という週末+1日の限られた休暇でもプラン次第で十分満喫することができます。

手軽に行けるアイランドリゾートであるフィリピンに、足を運んでみませんか?きっとその魅力に満足できるはずです。

フィリピン・セブ・マニラへの
旅行・ツアーは
フィリピンツアーにお任せください!

フィリピン現地にもスタッフが駐在!
あなたの希望に合わせた旅をアレンジします。