フィリピン旅行を楽しむならマニラorセブ島?それぞれの楽しみ方をご紹介!

2019/03/06

日本から近いビーチリゾート地として人気のフィリピンですが、最近は女子旅の旅先としても人気が高まっています。
今回はフィリピンの二大旅行先とされる「マニラ」と「セブ島」、それぞれの魅力と楽しみ方についてご紹介します。
 

「マニラ」ってどんな都市?こんな方におすすめ!

マニラの夜景

東洋の真珠と評されるマニラの魅力は、何と言っても美しい街並みです。マニラ最古の地区イントラムロス、マニラ大聖堂、サンアグスチン教会など…。スペイン統治時代の教会や博物館などの歴史を感じられる建造物があり、フォトジェニックな写真が撮れることも女子旅先として人気の理由です。

最近では発展に伴い数多くの大型ショッピングモールも立ち並んでおり、観光だけでなくさまざまな楽しみ方ができます。
マニラ市内の大型ショッピングモールには映画館やスケートリンクが併設されており、ショッピングに限らず丸一日楽しむことができるのも魅力!観光客からも高い人気を誇っています。セブ島よりも規模が大きく、マニラ市内でも治安が良く洗練された地域に位置しているので、女性だけでの観光でも安心してショッピングを楽しむことができます。

また、歴史的建造物を活用したレストランや海が見えるレストランなど、さまざまな雰囲気で食事を楽しむこともできます。フィリピン料理はもちろん多国籍料理を満喫でき、味はもちろん、雰囲気を楽しみたい女性に人気があることも納得です。

歴史的建造物に興味がある方や、街歩きやショッピングなど都市エリアでの旅行を楽しみたい方におすすめです。
 
 

「セブ島」ってどんな島?こんな方におすすめ!

セブ島の海

美しい海とリゾート感が人気のセブ島では、アイランドホッピングやシュノーケリング、ダイビングなどのマリンスポーツを堪能することができます。せっかく南国に来たからには、海を存分に満喫したいという方にはセブ島がおすすめ。
南東部のオスロブまで足を延ばせば、ほぼ100%の確率でジンベエザメに出会うこともできます。

また、水上レストランでの食事や地元の食材を用いたBBQなど、食事に関してもビーチリゾート地ならではの楽しみ方ができます。その土地ならではの食事を楽しめる点も、「食事も旅行の目的」と考える女性から人気がある理由と言えます。

セブ市内にはマニラよりも規模は小さいものの、地元の人にも利用されるショッピングモールもあります。観光やアクティビティはもちろん、ショッピングを楽しむこともできるのも買い物好きの女性には堪らないポイントですね!
 
 

旅行前にチェック!マニラとセブ島の気候

長靴と傘

せっかく旅行に行くなら、現地での日々を満喫したいと思うのは当然のこと。だからこそ、気になるのが気候ではないでしょうか。

フィリピンは常夏の国と言われることもあり、年間の平均気温は26~27℃程度ととても暖かく過ごしやすいのが魅力の一つです。日本のようにはっきりとした四季はありませんが、6~11月を雨季、12~5月が乾季と大きく2季に分かれています。

ただ、雨季と言っても日本のように一日中雨が降るというわけではなく、スコールに見舞われる程度です。しかし、注意すべき点が台風です。マニラを中心として8月~10月を中心に台風の影響を受ける可能性があり、場合によっては停電や交通機関の乱れに巻き込まれることも…。
旅行の目的にもよりますが、旅行の時期にあわせてマニラかセブか旅行先を考えてみるのもよいでしょう。
 

マニラとセブ島どちらも行くことは可能?

飛行機の写真

人気都市のマニラとセブ島ですが、マニラとセブ島間は飛行機で1時間程度。時間に余裕があれば、一度の旅行で両方の都市を訪れることもできます。

ご紹介したようにマニラとセブ島は全く違った魅力や楽しみ方があるので、「どちらにしよう…」と迷っているのであれば、思い切ってマニラとセブの両方に行ってみるのもおすすめです。

「どちらかといえば、海でゆっくりしたい」といった場合は、マニラ1日、セブ島2日にするなど目的に合わせて旅行日数を選ぶと良いでしょう。
 

まとめ

リゾート感を満喫したい!ショッピングや食事を楽しみたい!
そんな女性ならではのさまざまな目的・要望を叶えることができるフィリピンの魅力をお伝えさせていただきました。

マニラ・セブ島には、それぞれに違った良さがあります。せっかくの海外旅行、どんな楽しみ方をしたいかによって旅先を選び、思い切り満喫してくださいね!

  

マニラへのツアーを探そうセブ島へのツアーを探そう

フィリピン・セブ・マニラへの
旅行・ツアーは
フィリピンツアーにお任せください!

フィリピン現地にもスタッフが駐在!
あなたの希望に合わせた旅をアレンジします。