マニラなのにイタリアのベニス!?「ベニスグランドキャナルモール」へ行ってみよう♪

2019/04/01

今回は、「あれ?フィリピンに旅行しているのに、ここはベネチア!?」と勘違いしてしまうようなマニラの観光スポット、「ベニスグランドキャナルモール」をご紹介します。
マニラへ旅行した際には、ぜひ訪れてみてくださいね。
 

「ベニスグランドキャナルモール」とは

ベニスグランドキャナルモールの様子

ベニスグランドキャナルモール(Venice Grand Canal Mall)は、2015年にマニラにできたショッピングモール。その名の通り、イタリアの水の都・ベネチアをイメージして作られたショッピングモールです。モールの真ん中に運河が流れており、その両端にはショップや雑貨店、レストランやカフェなど飲食店が入った2階~3階建ての建物があります。また、映画館などの施設も入っています。

他のメガモールと比べるとこじんまりとした規模のモールですが、建物の外観も内装もヨーロッパ風にこだわっており、フィリピンにいるのにイタリアに来ているかのような気分を味わうことができます。現地のフィリピン人のカップルの方にも、マニラのデートスポットとして人気を集めているようです。
 

ベニスグランドキャナルモールの場所とアクセス

マニラの夜景

ベニスグランドキャナルモールは、フォートボニファシオ地区のマッキンリーヒルというエリアにあります。各国の大使館や高級コンドミニアムや高級ホテルが立ち並び、24時間警備員によって守られている安全な街。モールのすぐ横にあるコンドミニアムもパステルカラーの色使いで、街全体がイタリア・ベネチアの雰囲気に統一されています。

道が混んでいなければ、マニラ空港の第3ターミナルまで車で15分~20分ほど。グリーンベルトやグロリエッタ、SMマカティなどの大型ショッピングモールがあるマカティ地区へも車で10分ちょっとと、ショッピングモール巡り先の一つとしても便利な場所にあります。
 

ベネチアの気分を味わえるゴンドラ体験

ベニスグランドキャナルモールの運河

ベニスグランドキャナルモールを訪れたら、ぜひ体験してほしいのがゴンドラ!モールの真ん中を流れる運河ではゴンドラに乗ることができ、モール内の美しい景色を水上から眺めることができます。

エントランスから続く運河の全長は約150メートル。20分ほどのゴンドラの旅を楽しめます。運河の幅は約10メートルほどで、2つの橋が架かっており、一つの下がゴンドラ乗り場になっています。
ゴンドラ代は、下記の通り。4名の最低定員に達したら出発ですが、人数分の料金を支払えば4名以下でも動かしてくれるのだとか…。

—————-
【ゴンドラの料金】
月曜~木曜:300ペソ
金曜~日曜:400ペソ
祝日:350ペソ
—————-

ベニスグランドキャナルモールのゴンドラゴンドラは橋の下から出発します。ベニスグランドキャナルモールのゴンドラ料金表バレンタインの時期にはこんなスペシャルプランも♪
 

おすすめは夕方以降の夜景を楽しめる時間♪

ベニスグランドキャナルモールの夜のイメージ※夜景の写真がなかったので、昼間撮影の写真を夜景風に加工しています…
 

ベネチア風のカラフルな街並みを昼間に楽しむのも良いですが、おすすめなのは夕方以降の時間。運河の周りがきれいにライトアップされ、その景色はまさにイタリア!ロマンチックな雰囲気を満喫することができます。(夜景の写真がないのが残念です…)

ゴンドラに乗って夜景を楽しむのもよし、橋の上からのんびりとゴンドラを眺めるのもよし。運河の横にはテラス席で食事やお酒を楽しめるバーレストランもあるので、夜景を見ながらの食事もよいでしょう。

また、夕方をおすすめするもう一つの理由は気温。マニラの平均気温は年間26度~30度ととても暑いので、夕方以降の時間帯のほうが涼しくなり、のんびりとショッピングモール内を散策するのにもおすすめです。
 

まとめ

いかがでしたか?

フィリピンにいながら、イタリア旅行の気分も味わえるとは一石二鳥!マニラ旅行で、2カ国分の雰囲気を楽しむことができます。
ベニスグランドキャナルモールがあるマッキンリーヒルは治安もよく、観光客が訪れやすいエリアです。一目見ておいて損はありませんので、マニラ旅行の際にはぜひ足を運んでみてくださいね。
 
 

フィリピン・セブ・マニラへの
旅行・ツアーは
フィリピンツアーにお任せください!

フィリピン現地にもスタッフが駐在!
あなたの希望に合わせた旅をアレンジします。