首都マニラの現在は?(ロビンソンプレイスモールより)

2020/09/30

前回ご紹介しましたセブの「SAVE MORE」からの最新状況に続き、今回は首都マニラの繁華街エリア(マラテ地区)にあるショッピングモール「ROBINSON PLACE MALL」より、新型コロナウイルス感染防止対策を踏まえた、現場での最新状況をお届け致します。

店内入店時は「マスク着用&フェイスシールド着用」が義務付けられています

ショッピングモール入店時は「マスク着用&フェイスシールド着用」が現在義務付けられております。セブの状況をお知らせした際の、外出許可証(=QURANTINE PASS)については、コミュニティ隔離措置のレベルが「GCQ」に移行して以降、入店時の提示は必要なくなりました。


※入り口付近の様子(用紙記入、検温チェックの現場)

現在の営業時間は「10:00~21:00」までとなっております。入口前にて、氏名、住所、連絡先を記載する用紙が設置されており、記入後に検温チェックに入ります。記入義務が9月より導入されてから、記入に時間と手間がやや時間を要するためなのか、入口手前では長蛇の列が目立った状況となっています。


※座席配置の様子(レストランテーブル席)

現在ショッピングモール内のレストランにおいては、収容人数を通常の50%まで減らして営業することが義務付けれられております。レストラン内のテーブル(2名席)は、向かい合って着席できないように、配置(※イメージ図参照)されています。その他、ATMやエレベーターを待つところでは、ソーシャルディスタンスを保持するためのマーキングが貼られております。


※ソーシャルディスタンスのボーダーラインの表示(ATM付近)

今後の期待と不安について(ウィズコロナ&アフターコロナの時代)

セブ島とマニラでの生活においての大きな違いとしては、曜日の外出規制がないことです。許可証の携帯は必要でありますが、以前に比べ市内中心部は多くの賑わい、徐々に経済再開に向けて前に進んでいる模様です。フィリピンの中心都市(首都:マニラ)であるため、10月以降は更に規制を緩和させて、経済を今以上に動かしていく方針です。

●現在のフィリピンの入国規制について

最新情報は下記よりご確認下さいませ。

■フィリピン航空より(フィリピン政府による入国制限について、英語サイト)
https://www.philippineairlines.com/en/ph/home/covid-19/arrivingintheph
現在(9/23付)、ビザ(査証)無しでの渡航(無査証短期滞在)は認めておらず、有効なビザを事前に取得頂く必要がございます。詳細はフィリピン共和国大使館のウェブサイトなどでご確認ください。

 

■フィリピン共和国大使館大使館より
https://tokyo.philembassy.net/ja/01announcements/advisory-visa-requirements-for-foreign-nationals-allowed-to-enter-the-philippines-while-under-community-quarantine/#nav-cat

 

■在フィリピン日本国大使館より
https://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

■在ダバオ日本国大使館より
https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

■外海外安全ホームページ務省
https://www.anzen.mofa.go.jp/

 

◆フィリピンのことをもっと知ろう!
>>フィリピン旅行・ツアー特集はこちら
>>フィリピンの基本情報はこちら

>>フィリピンへの交通手段はこちら
>>フィリピン旅行の心得はこちら

フィリピン・セブ・マニラへの
旅行・ツアーは
フィリピンツアーにお任せください!

フィリピン現地にもスタッフが駐在!
あなたの希望に合わせた旅をアレンジします。