新型コロナウイルス感染拡大に際するフィリピン全土における取り組みについて(7/4付)

2020/07/04

フィリピン政府より6/30(火)迄の隔離措置(※通称「ロックダウン」)が現在も継続されており、~7/15(水)まで延長となりました。特にリゾート・セブ島(セブ市内)は感染拡大が続いており、現在も厳しい「ハードロックダウン」の状況です。

 

今回は日本⇔マニラセブを結ぶ路線「フィリピン航空」より新しい情報が届きましたので、ご紹介致します。

「オンボード ディスタンシング シート導入」について

昨今の状況により、各航空会社でも同じようなシステムを設けてくる予定ですが、7/1(水)より導入された「オンボード ディスタンシング シート(※図:フィリピン航空配信レターより抜粋)」は、エコノミークラス、又はプレミアエコノミークラス(機材によっては座席区分がない場合あり)へご搭乗されるお客様が対象で、座席間隔(1~2座席)を広く取っていただく新しいシステム(いわゆる”NEW NORMARL”)の一つです。

 

機材の大半座席数を占める「エコノミークラス」の中でも、限定された座席数、及び対象予約クラス(Y/S/L/M/H)のみでの取り扱いとなります。なお、対象クラス(5つ)については、通常価格の航空券運賃より高額となりますので、これからツアーをお申し込みされるお客様、航空券をご購入(予約済だが、航空券未発行など)の場合、料金、運賃の差額がでることもあります。

 

今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況により、航空会社側より導入内容を変更、中止とする場合もございますので、予めご了承下さいませ。

 

★☆★☆過去の関連情報は下記より閲覧も可能です☆★☆★

●6/25付け配信分の情報はこちら!

●6/17付け配信分の情報はこちら!

●6/5付け配信分の情報はこちら!

3月中旬に発令された「コミュニティ隔離措置(※セブ島)」及び現在の状況について

フィリピン国内で発令された「コミュニティー隔離措置(※セブ島)」は現在もなお継続されております。(~6/30迄→~7/15迄延長となりました)状況により、規制延長、緩和となる場合もございます)なお、セブ島については、新型コロナウイルス感染拡大が急速に進んでいることを含め、現在もなお「完全外出禁止(=ハードロックダウン)」の状態が続いております。

 

●本日現在・セブ島(7/4)の外出自粛・制限について(※下記以外にも制限を設けている場合もございます)

■午後8時~翌朝午前5時までは「夜間外出禁止」となります。
→ここが重要!6/23(火)22:00~より「完全外出禁止(=ハードロックダウン)」となりました。

■上記時間外の日中の時間帯については、一世帯に1名(※但し、市が発行した外出許可証の携帯が必要)に限定。
→ここが重要!6/23(火)22:00~からの「完全外出禁止(=ハードロックダウン)」に伴い、一世帯に1名のみ市から発行された「外出許可証」が無効となりました。

■特例を除き、自家用車などで市を跨いでの移動は禁止。

■65歳以上の高齢者、未成年者は24時間の外出禁止(※単身者を除かれます)。

■公共エリアでの「マスク着用」の徹底。

■ショッピングモール休業要請(※食料品、雑貨などを取り扱う店舗は時短で営業中)。

■レストランの営業時間短縮。

■酒類の販売禁止(※一部、エリアでは既に緩和されております)。

■大人数を募ってのイベント開催の禁止。

■学校施設(小学校、中学校、高校など)は再開の目処は立っておりません。

■美容理髪店は営業休止中(※今月より徐々に再開を進めていきます)

 

また、セブ島で催行されている下記人気オプショナルツアーも現在は催行を見合わせております。

アイランドピクニック

ボホール島ツアー

■カワサンフォールツアー

■ジンベイザメウォッチングツアー

■ダイビングツアー

■セブ市内観光

■ゴルフツアー

エステ・マッサージ&ショッピングツアー

など

●現在のフィリピンの入国規制について

最新情報は下記よりご確認下さいませ。

■在フィリピン日本国大使館より

 

■在ダバオ日本国大使館より

 

■外務省海外安全ホームページ

 

◆フィリピンのことをもっと知ろう!
>>フィリピンツアー・旅行特集
>>セブ島ツアー・旅行特集
>>フィリピンの基本情報

>>フィリピンへの交通手段
>>フィリピン旅行の心得

フィリピン・セブ・マニラへの
旅行・ツアーは
フィリピンツアーにお任せください!

フィリピン現地にもスタッフが駐在!
あなたの希望に合わせた旅をアレンジします。