海辺の大型モール「SM SEA SIDE CITY CEBU」の現在は?

2020/10/29

まもなく、年次イベント「ハロウィン」が近づいてきました。フィリピン人も賑やかなイベントが大好きということもあり、ショッピングモール、リゾートホテルなどでは盛大な催し物が開かれる予定でしたが、今年はコロナ禍により当面は自粛となる模様です。先日、市内中心部にある大型モール「SM CITY CEBU」のご紹介をしましたが、市内中心部よりやや南部に位置する海沿いにも大型モール「SM SEA SIDE CITY CEBU」があります。2015年にオープンとまだ新しいモールで、敷地の規模としても、セブ島で一番の規模を誇る大型モールとなっております。本日は、「SM SEA SIDE CITY CEBU」より現在の状況をお届けします!

■基本データ
・正式名称:SM SEA SIDE CITY CEBU
・所在地:Level 3,Reclamation Area, Cebu South Coastal Rd, Cebu City, 6000 Cebu, Philippines
・営業時間:10時~21時まで(※2020年10月28日現在)
・広さ:総床面積約47平方メートル(推定:東京ドームの10倍の床面積)
・公式ページ:https://www.smsupermalls.com/mall-directory/sm-seaside-city-cebu/information/

総床面積約47平方メートルの大型ショッピングモール。館内には4つのフロア(UNDER GROUND:1階、UPPER GROUND:2階、2ND FLOOR:3階、3RD FLOOR:4階→日本の建物と階数の総称が異なります)があり、多くの専門店、ファストフード店、レストランがあります。人気のお土産店「KULTURA(クルトゥーラ)」も入っており、フィリピン土産にオススメのオーガニックの石鹸やアクセサリーなど多数取り扱いがあります。

※入り口手前(駐車場よりエントランスに入る場所)の検温チェック

新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、入り口手前では「セキュリティガード」による検温チェック、並びに入館時には「マスク着用&フェイスシールド着用」が義務付けられております。現在、モール内はエリアによっては非常に閑散としており、モール内に流れている音楽(BGM)、アナウンスの音が目立って聞こえる状態でした。

※左上:レストラン、右上:アミューズメント施設、左下:ボーリング場、右下:アイススケートリンク

特に週末になると家族連れで多くの人で賑わうレストラン、子供達に大人気のアミューズメント施設などは現在もなお、営業再開の目途が立っていない模様です。なお、残念なことにレストランについては以前に比べ、多くのお店が撤退してしまった印象が見受けられました。

※左上:サイバーゾーン(電化製品を取り扱うお店)、右上:スーパーマーケット、左下:ファストフード店(注文カウンター/レジ付近)、右下:イートインスペース

※スーパーマーケット入り口手前のセキュリティガードによるチェック

多くの人で賑わっていた場所は、生活必需品のお店が立ちならぶエリアで目立っていました。また、スーパーマーケット入り口手前ではセキュリティガードによる、氏名、連絡先、住所の記入を入店前に促していました。1階エリア(UNDER GROUND)にある、ファストフード店では多くの人で賑わっていました。感染拡大防止対策につき、注文カウンター/レジの前には入念なビニール製のシートが設置されており、イートインスペース内のテーブルには透明のアクリル板が設置され、対面で着席時の飛沫感染対策を施していました。

●今回の考察について

先月よりセブ島各地のショッピングモール、スーパーマーケットへ足を運んでみましたが、徐々に人出は戻りつつある状況です。ただ、以前にもお知らせしたとおり、場所によって「マスク着用義務」、又は「マスク着用&フェイスシールド着用義務」と未だに統一感がない模様です。各店舗、入店前の検温チェック、マスク着用、フェイスシールド着用を義務付けている為、今後は感染拡大を以前に比べ鈍化させていますが、本来の活気が戻るまでは今以上の規制緩和を期待して我慢の日々が続くことだと予想されます。

 

★☆★☆過去の関連情報は下記より閲覧も可能です☆★☆★
●10/12付:マクタン島の便利なショッピングセンターの現在は?(マクタン・マリーナモールより)こちら!
●9/28付:ローカルスーパーマーケット「SAVE MORE」の現在は?こちら!
●9/23付:人気のショッピングモール「SM CITY CEBU」の現在は?こちら!

●現在のフィリピンの入国規制について

最新情報は下記よりご確認下さいませ。

■フィリピン航空より(フィリピン政府による入国制限について、英語サイト)
https://www.philippineairlines.com/en/ph/home/covid-19/arrivingintheph
現在(10/29付)、ビザ(査証)無しでの渡航(無査証短期滞在)は認めておらず、有効なビザを事前に取得頂く必要がございます。詳細はフィリピン共和国大使館のウェブサイトなどでご確認ください。

 

■フィリピン入国時医療申告用紙の電子フォーム(英語ページ)
フィリピン政府よりフィリピンに到着するすべての方に新型コロナウイルスのPCR検査実施、ならびに検査結果が出るまで政府指定の施設で待機いただくことが求められております。フィリピン入国時医療申告用紙の電子フォームによる登録が義務化されております。各種、出発前に申請が可能です。入国時医療申告用紙電子フォームページより事前登録をお願いいたします。

※マニラ空港、セブ空港と対応方法が異なります。必ず各空港到着前までに手続きをお済ませください。
※2020年10月15日現在の情報となります。渡航規制の最新情報は、必ず各関係機関にてご確認ください。

●マニラへ入国のお客様(フィリピン航空をご利用時)

海外で勤務するフィリピン国籍の方
【チェックイン前の対応】
①OASISへの登録 ※渡航5日前までにお済ませください)
→ご一緒する家族は全て上記の手続きが必要となります
http://oasis.owwa.gov.ph/

②Red-CrossのPCR検査申請(e-CIF)※渡航3日前からチェックイン前まで
https://e-cif.redcross.org.ph/

【チェックイン後の対応】
③E-Health Locator Form / Arrival Card
https://bit.ly/MNLArrivalCard

【マニラ到着後の対応】
④降機後に体温チェック

⑤PCR検査実施【無料】(②で取得したQRコードを提示)

⑥入国手続き(③で取得したQRコードを提示)

⑦検疫ホテルの割当

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

・外国籍の方
【チェックイン前の対応】
①PAL-eCIFのPCR検査申請 ※渡航3日前からチェックイン前まで
https://bit.ly/MNLPALeCIF

②到着後に滞在する検疫ホテルの予約
検疫ホテルリスト(外部リンク/PDF形式)

【チェックイン後の対応】
③E-Health Locator Form / Arrival Card

https://bit.ly/MNLArrivalCard

【マニラ到着後の対応】
④降機後に体温チェック

⑤PCR検査実施/検査費用別途要【php4,500/人】(①で取得したQRコードを提示)※現金(現地通貨、又はアメリカドル)、GCash、PayPal、WeChat Payでの支払いが可能

⑥入国手続き(③で取得したQRコードを提示)

⑦検疫ホテル確認デスクへ

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

●セブへ入国のお客様(フィリピン航空をご利用時)
海外で勤務するフィリピン国籍の方
【チェックイン前の対応】
①OASISへの登録 ※渡航5日前までにお済ませください)
→ご一緒する家族は全て上記の手続きが必要となります
http://oasis.owwa.gov.ph/

②MICA Passenger Arrival Registration Form ※渡航5日前からチェックイン前まで
https://mactancebuairport.com/covid-19-registration

【チェックイン後の対応】
③機内配布の入国カード(Arrival Card)の記入

【セブ到着後の対応】
④Validation Counter(②で取得したQRコードを提示)

⑤体温チェック

⑥PCR検査実施【無料】/検疫ホテルの割当

⑦入国手続き(③で記入した入国カードを提示)

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

外国籍の方
【チェックイン前の対応】
MICA Passenger Arrival Registration Form ※渡航5日前からチェックイン前まで
https://mactancebuairport.com/covid-19-registration

②到着後に滞在する検疫ホテルの予約
検疫ホテルリスト(外部リンク/PDF形式)

【チェックイン後の対応】
③機内配布の入国カード(Arrival Card)の記入

【セブ到着後の対応】
④Validation Counter(①で取得したQRコードを提示)

⑤体温チェック

⑥PCR検査実施/検査費用別途要【php4,900/人】※現金(現地通貨)、又はVisaカードでの支払いが可能

⑦入国手続き(③で記入した入国カードを提示)

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

 

■フェイスシールド着用の義務付けについて
フィリピン政府は新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、フィリピン国内全土で8月15日以降、電車やバス、航空機などの公共交通機関を利用する際、従来のマスク着用に加えてフェイスシールドの装着を義務付けました。
フェイスシールドはお客さまご自身でご準備していただく必要がありますので、8月15日以降にご搭乗予定のお客さまは事前にご準備のうえご持参いただきますようお願いいたします。

 

■フィリピン共和国大使館より
https://tokyo.philembassy.net/ja/01announcements/advisory-visa-requirements-for-foreign-nationals-allowed-to-enter-the-philippines-while-under-community-quarantine/#nav-cat

 

■在フィリピン日本国大使館より
https://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

■在ダバオ日本国大使館より
https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

■外海外安全ホームページ務省
https://www.anzen.mofa.go.jp/

 

◆フィリピンのことをもっと知ろう!
>>フィリピン旅行・ツアー特集はこちら
>>セブ島旅行・ツアー特集はこちら
>>フィリピンの基本情報はこちら

>>フィリピンへの交通手段はこちら
>>フィリピン旅行の心得はこちら

フィリピン・セブ・マニラへの
旅行・ツアーは
フィリピンツアーにお任せください!

フィリピン現地にもスタッフが駐在!
あなたの希望に合わせた旅をアレンジします。