セブ島の熱いイベント「IRON MAN(トライアスロン大会)」について

2020/11/16

リゾート・セブ島では毎年8月上旬に熱いイベントが開催されます。それは「トライアスロン大会」。通称「IRON MAN(日本語ではアイアンマンと呼ばれます)」です。世界各国からアスリートが集結して盛大に行わるスポーツ大会で、大会期間中はマクタン国際空港近辺においては交通規制がされるほどのビッグイベントです。また、近隣のリゾートホテルも満室になるほど、多くの大会関係者、お客様がご来場されます。2020年度は「新型コロナウイルス感染拡大」に伴い、大会は中止・延期となりましたが、既に2021年度の大会主催の予定日が決まりました。

※過去の大会模様(自転車ロードレース)/イメージ

■大会概要
・大会名: REGENT AGUILA IRONMAN 70.3 Philippines Powered by Philam Vitality triathlon
・予定日:2021年8月1日(状況により日程変更、延期となる場合もございます)
・公式ページ(英語):https://www.ironman.com/im703-cebu-philippines

コース概要を以下の通りご紹介します。(水泳⇒自転車ロードレース⇒長距離走)
コース内容は2020年度内容を元にしています。

※過去の大会模様(水泳/リゾート前のビーチ付近)/イメージ

※水泳(全長:1.9キロメートルコース)/提供元:公式ページより

スタートはセブ島でもおなじみのリゾート「シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブ」のビーチより号砲が鳴ります。タワー型のリゾート「モーベンピック・ホテル・マクタンアイランド・セブ」前のビーチを折り返してスタート地点まで戻ってきます。

※過去の大会模様(自転車ロードレース/マクタン大橋付近)/イメージ

※過酷な自転車ロードレース(全長:90キロメートル)/提供元:公式ページより

水泳の後は、過酷な自転車ロードレースです。マクタン島(シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブ)よりセブ本島(セブシティー)、TALISAY地区を折り返しての全長90キロメートルのコースとなります。マクタン島とセブ本島を繋ぐマクタン大橋の心臓破りの坂道がハードなポイントとなります。

※過去の大会模様(長距離走/ゴール付近)/イメージ

※最後の長距離走(全長:21キロメートル)/提供元:公式ページより

90キロメートルの自転車ロードレースの後は、最後の長距離走です。全長21キロメートルのコースとなっており、マクタン本島の角のような形をした「PUNTA ENGANO」地区を走り、角の先端部分を折り返して、スタートと地点の「シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブ」へ戻ってきます。

【大会期間中にご渡航予定のお客様への注意点、補足について】

冒頭でご紹介しましたとおり、大会期間中は周辺の道路規制、近隣のホテルは多くの大会関係者、お客様がご来場され、満室となる可能性があります。また、以下の部分についても、注意事項がございますので、ご参考下さいませ。

・大会期間中、近隣のビーチエリア、及びマリンアクティビティなどは入場利用規制、催行中止となります。
・大会当日の日本へのご帰国、及びホテルから空港へお送りする際のお迎えの時間ですが、通常より早くご対応する場合がございます。
・携帯電話、インターネットアクセスが一時的に遮断されることがあります。
・滞在先ホテルによっては、大会当日のチェックイン、チェックアウトを制限している場合もございます。

いかがでしたでしょうか。フィリピンは年中温暖な上、乾季(12~5月)、雨季(6~11月)と別れ、特に8月は比較的雨も多く、蒸し暑い日が続きます。トライアスロン競技としては、アドレナリン全開の気候です。年次イベントとして毎年開催されていた「IRON MAN(アイアンマン)」は、今年に限り新型コロナウイルス感染拡大に伴い、残念ながら中止・延期となりました。次年度は冒頭でご紹介しましたとおり、「2021年8月1日(日)」開催予定です。日本でも今年は東京オリンピック開催が中止・延期となり、2021年開催予定となりました。1年後の状況の先読みは難しいですが、以前のような日常がいつかくることを願いつつ、日々乗り越えていきましょう。

>>「シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブ」に泊まるツアーはこちら
>>「モーベンピック・ホテル・マクタンアイランド・セブ」に泊まるツアーはこちら

「フィリピン政府観光省」提供の新しいプロモーション動画

先日(11/5付)、お知らせした「フィリピン政府観光省」提供の新しいプロモーション動画もぜひ、下記よりご覧下さいませ。

https://phi.kamometour.co.jp/column/local/6444/

●現在のフィリピンの入国規制について

最新情報は下記よりご確認下さいませ。

■フィリピン航空より(フィリピン政府による入国制限について、英語サイト)
https://www.philippineairlines.com/en/ph/home/covid-19/arrivingintheph
現在(11/16付)、ビザ(査証)無しでの渡航(無査証短期滞在)は認めておらず、有効なビザを事前に取得頂く必要がございます。詳細はフィリピン共和国大使館のウェブサイトなどでご確認ください。

 

■フィリピン入国時医療申告用紙の電子フォーム(英語ページ)
フィリピン政府よりフィリピンに到着するすべての方に新型コロナウイルスのPCR検査実施、ならびに検査結果が出るまで政府指定の施設で待機いただくことが求められております。フィリピン入国時医療申告用紙の電子フォームによる登録が義務化されております。各種、出発前に申請が可能です。入国時医療申告用紙電子フォームページより事前登録をお願いいたします。

※マニラ空港、セブ空港と対応方法が異なります。必ず各空港到着前までに手続きをお済ませください。
※2020年10月15日現在の情報となります。渡航規制の最新情報は、必ず各関係機関にてご確認ください。

●マニラへ入国のお客様(フィリピン航空をご利用時)

・海外で勤務するフィリピン国籍の方
【チェックイン前の対応】
①OASISへの登録 ※渡航5日前までにお済ませください)
→ご一緒する家族は全て上記の手続きが必要となります
http://oasis.owwa.gov.ph/

②Red-CrossのPCR検査申請(e-CIF)※渡航3日前からチェックイン前まで
https://e-cif.redcross.org.ph/

【チェックイン後の対応】
③E-Health Locator Form / Arrival Card
https://bit.ly/MNLArrivalCard

【マニラ到着後の対応】
④降機後に体温チェック

⑤PCR検査実施【無料】(②で取得したQRコードを提示)

⑥入国手続き(③で取得したQRコードを提示)

⑦検疫ホテルの割当

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

・外国籍の方
【チェックイン前の対応】
①PAL-eCIFのPCR検査申請 ※渡航3日前からチェックイン前まで
https://bit.ly/MNLPALeCIF

②到着後に滞在する検疫ホテルの予約
検疫ホテルリスト(外部リンク/PDF形式)

【チェックイン後の対応】
③E-Health Locator Form / Arrival Card

https://bit.ly/MNLArrivalCard

【マニラ到着後の対応】
④降機後に体温チェック

⑤PCR検査実施/検査費用別途要【php4,500/人】(①で取得したQRコードを提示)※現金(現地通貨、又はアメリカドル)、GCash、PayPal、WeChat Payでの支払いが可能

⑥入国手続き(③で取得したQRコードを提示)

⑦検疫ホテル確認デスクへ

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

●セブへ入国のお客様(フィリピン航空をご利用時)
・海外で勤務するフィリピン国籍の方
【チェックイン前の対応】
①OASISへの登録 ※渡航5日前までにお済ませください)
→ご一緒する家族は全て上記の手続きが必要となります
http://oasis.owwa.gov.ph/

②MICA Passenger Arrival Registration Form ※渡航5日前からチェックイン前まで
https://mactancebuairport.com/covid-19-registration

【チェックイン後の対応】
③機内配布の入国カード(Arrival Card)の記入

【セブ到着後の対応】
④Validation Counter(②で取得したQRコードを提示)

⑤体温チェック

⑥PCR検査実施【無料】/検疫ホテルの割当

⑦入国手続き(③で記入した入国カードを提示)

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

・外国籍の方
【チェックイン前の対応】
MICA Passenger Arrival Registration Form ※渡航5日前からチェックイン前まで
https://mactancebuairport.com/covid-19-registration

②到着後に滞在する検疫ホテルの予約
検疫ホテルリスト(外部リンク/PDF形式)

【チェックイン後の対応】
③機内配布の入国カード(Arrival Card)の記入

【セブ到着後の対応】
④Validation Counter(①で取得したQRコードを提示)

⑤体温チェック

⑥PCR検査実施/検査費用別途要【php4,900/人】※現金(現地通貨)、又はVisaカードでの支払いが可能

⑦入国手続き(③で記入した入国カードを提示)

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

 

■フェイスシールド着用の義務付けについて
フィリピン政府は新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、フィリピン国内全土で8月15日以降、電車やバス、航空機などの公共交通機関を利用する際、従来のマスク着用に加えてフェイスシールドの装着を義務付けました。
フェイスシールドはお客さまご自身でご準備していただく必要がありますので、8月15日以降にご搭乗予定のお客さまは事前にご準備のうえご持参いただきますようお願いいたします。

 

■フィリピン共和国大使館より
https://tokyo.philembassy.net/ja/01announcements/advisory-visa-requirements-for-foreign-nationals-allowed-to-enter-the-philippines-while-under-community-quarantine/#nav-cat

 

■在フィリピン日本国大使館より
https://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

■在ダバオ日本国大使館より
https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

■外海外安全ホームページ務省
https://www.anzen.mofa.go.jp/

 

◆フィリピンのことをもっと知ろう!
>>フィリピン旅行・ツアー特集はこちら
>>セブ島旅行・ツアー特集はこちら
>>パラワン諸島旅行・ツアー特集はこちら
>>ボラカイ島旅行・ツアー特集はこちら
>>ボホール島旅行・ツアー特集はこちら!
>>マニラ旅行・ツアー特集はこちら!
>>フィリピンの基本情報はこちら
>>フィリピンへの交通手段はこちら
>>フィリピン旅行の心得はこちら

フィリピン・セブ・マニラへの
旅行・ツアーは
フィリピンツアーにお任せください!

フィリピン現地にもスタッフが駐在!
あなたの希望に合わせた旅をアレンジします。