【最新情報】フィリピン渡航規制情報について

2021/01/15

現在(1/15付)、新型コロナウイルスの変異種が確認された日本を含む国々(※以下リスト参照)からフィリピンへの渡航禁止が決定されています。

フィリピンへの入国が許可されているのは「フィリピン国籍者、身分証明書を所持している二重国籍者、外国人渡航者(条件付き)、フィリピン政府より認可を受けた外交官ならびに国際機関代表、外国人高官、医療または緊急目的でフィリピンへ渡航した外国人」のみとなります。

なお、この措置は「2020年12月30日~2021年1月31日」まで有効です。フィリピン共和国大使館より発表された内容をもとに、お知らせ致します。

※対象国:オーストラリア、オーストリア、ブラジル、カナダ、中国、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、香港特別行政区、ハンガリー、アイスランド、インド、アイルランド、イスラエル、イタリア、ジャマイカ、日本、ヨルダン、レバノン、ルクセンブルグ、ノルウェー、オマーン、パキスタン、ポルトガル、シンガポール、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、スイス、オランダ、アラブ首長国連邦、英国、米国

現在のフィリピンの入国規制について(フィリピンへ入国できる方)

フィリピン国籍者、身分証明書を所持している二重国籍者
外国人渡航者
(a)渡航が制限されている国の空港で乗り継ぎをした、または乗り継ぎをしただけで、当該国への入国許可がない
(b)渡航制限国のいずれからも来ていない(許可されたビザを持ち、フィリピン保健省【DOH】指示のRT—PCRテストと待機施設での検疫を条件とする)
フィリピン政府より認可を受けた外交官ならびに国際機関代表および有効かつ現存する9eビザを持つ扶養家族。次の条件を満たしている場合、隔離措置の免除が受けられる。
(a)空港到着時にRT-PCR検査を受ける
(b)入港地で保健省検疫局(DOH-BOQ)職員に同意書を提出/提示する
(c)申告した宿泊施設または住居にて14日間の厳格な自己隔離を遵守する
外国人高官(フィリピン到着時に検査と隔離措置を遵守すること)
医療または緊急目的でフィリピンへ渡航した外国人(外国人の医療付き添い人も含む)

入国規制については今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況により規制内容が変更となる場合がございますので、その他詳細部分につきましては「フィリピン共和国大使館」の公式ホームページもあわせてご確認下さいませ。

■フィリピン共和国大使館より
https://tokyo.philembassy.net/ja/01announcements/consularannouncements/advisory-travel-restrictions-on-foreign-passengers-from-or-transiting-through-japan-from-december-30-to-january-15-2021/

■在フィリピン日本国大使館より
https://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

■在ダバオ日本国大使館より
https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

■外海外安全ホームページ務省
https://www.anzen.mofa.go.jp/

フィリピンのことをもっと知ろう!おすすめツアー特集リンク!

・フィリピン渡航時のガイドラインについて(フィリピン航空ご利用時)はこちら!
・フィリピン旅行・ツアー特集はこちら!
・セブ島旅行・ツアー特集はこちら!
・パラワン諸島旅行・ツアー特集はこちら!
・ボラカイ島旅行・ツアー特集はこちら!
・ボホール島旅行・ツアー特集はこちら!
・マニラ旅行・ツアー特集はこちら!
・フィリピン政府観光省提供の新しいプロモーション動画(11/5発表)はこちら!
・フィリピンの基本情報はこちら!
・フィリピンへの交通手段はこちら!
・フィリピン旅行の心得はこちら!

フィリピン・セブ・マニラへの
旅行・ツアーは
フィリピンツアーにお任せください!

フィリピン現地にもスタッフが駐在!
あなたの希望に合わせた旅をアレンジします。